2015.09.18

頭皮ケア、たとえるなら「土を耕す」役割。

土壌が豊かでないと、よい植物は育たない。

髪がパサついたり、髪にハリがない人は、土を耕すことから始めよう。
「頭皮と髪の関係でいえば、土を耕すとは頭皮をケアすること。
汚れを落とす、血行アップ、潤いを与えるを実行すれば、よい髪を育つ畑がで
きます

 

 
 

髪の成長には、毛根部の毛球部にある、「毛乳頭細胞」と「毛母細胞」

の働きが大きく関わっています。

髪の伸びる時期には、毛乳頭細胞が毛母細胞の分裂を活発にする指令を出し、毛母細胞がタンパク質を合成して毛髪をつくります。
一方、髪の抜ける時期になると、毛乳頭細胞は毛母細胞の活動を抑制する指令を出し、髪の成長も抑えられてしまうのです。

つまり髪の成長を促すのも止めるのも、毛乳頭細胞の働き次第だということです。
毛幹部のケアも大切ですが、髪の成長に影響を与える毛根部のケアこそ、健康維持のカギを握っているといえます。
「スカルプ(頭皮)ケア」が盛んにうたわれるのも、発毛や育毛のために毛根部を意識した頭皮ケアが大切だからです。

 

 
 

頭皮をクレンジングすることで・・・

頭皮をクレンジングすることで毛穴の詰まりを改善し、血行を促し育毛を促進。
抜け毛や細毛を予防します。
血行が良くなり、栄養の循環が良くなることで髪にツヤが出て、コシもアップ。
頭皮ケア䛿、たとえるなら「土を耕す」役割。